アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2021年5月3日 (月)

    カテゴリ:

    がん患者「10年生存率」59.4%

    国立がん研究センターは27日、がんと診断された患者の「10年生存率」が59.4%だったと発表した。各地で治療拠点となっている240病院の24万人を対象とした国内最大規模の調査で、10年生存率を公表したのは初めて。2008年に診断を受けた人を10年間追跡し、胃や大腸など15種のがんについて集計した。前立腺がんがほぼ100%、乳がんで90%近い生存率となった一方で、小細胞肺がんは9.1%、膵臓がんは6.5%だった。がんの進行度を示す4段階のステージ全体でみたもので、ステージが進むと生存率は低くなる。国のがん対策推進協議会の山口健会長は、「ほぼ全国に分布した高レベルのがん診療拠点のデータで、いわば全国平均を知ることができた。長期予後のデータの正確度が増した」と指摘。「患者や家族は将来をより正確に予測することができ、精神的な負担を減らす期待がある一方で、負担を増やす可能性もありうる」とした。4月28日 朝日新聞

prev ステージ4の大腸がん「まず抗がん剤を」
ステージ4の大腸がん「まず抗がん剤を」
国内最大規模 24万人を調査 国立がんセンター next
国内最大規模 24万人を調査 国立がんセンター

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

がん患者「10年生存率」59.4%

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

がん患者「10年生存率」59.4%
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.