アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2021年5月5日 (水)

    カテゴリ:

    国内最大規模 24万人を調査 国立がんセンター

    近年は治療の進歩で生存率は上がっており、同センターの奥山絢子・院内がん登録分析室長は「数字に一喜一憂せず、最新の治療を知っている主治医と一緒に見てほしい」と話す。治療後の経過をみる目安として、これまで5年生存率が使われることが多かった。今回の調査で、がんの種類によっては診断から5年賀経った後も生存率が下がることがわかり、長期で経過を観察する必要性が浮き彫りになった。同センターはウエブサイト「がん情報サービス」を拡充。「院内がん登録生存率集計結果閲覧システム」で、3年・5年の生存率を閲覧できる。4月28日・朝日新聞

prev がん患者「10年生存率」59.4%
がん患者「10年生存率」59.4%

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

国内最大規模 24万人を調査 国立がんセンター

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

国内最大規模 24万人を調査 国立がんセンター
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.