アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2021年11月13日 (土)

    カテゴリ:

    卵巣がんを治療 iPSを活用

    京都大と国立がん研究センターは11日、iPS細胞からつくった免疫細胞を卵巣がんの患者に移植したと発表した。iPS細胞を使ったがん治療は、千葉大などのチームに続き2件目。今回は安全性や副作用を調べるのが主な目的の治験で、今のところ患者に拒絶反応などは起きていない。患者は、国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)を受診している50代女性。卵巣がんを再発、がん細胞が腹膜にも散らばっており、有効な治療法がない状態だった。11月12日 朝日新聞

prev がん患者10年生存率58.9%
がん患者10年生存率58.9%
見た目の変化 不安を和らげる 心身を支える「アピアランスケア」広がる next
見た目の変化 不安を和らげる 心身を支える「アピアランスケア」広がる

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

卵巣がんを治療 iPSを活用

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

卵巣がんを治療 iPSを活用
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.