アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年5月14日 (火)

    カテゴリ:

    激痛 唾液も飲み込めず

    それは、唾液を飲み込むことすらできないほどの、激痛だった。埼玉県に住む女性(62)は2018年9月、再発した乳がんの治療のため、東京都内のがんの治療を専門とする病院で、抗がん剤の点滴を受けた。女性は左胸に乳がんが見つかり、03年に手術を受けた。10年間の経過観察を続けた後、地元のクリニックで年1回の検診を受けていたが、16年秋、再発と肝臓への転移がわかった。病院では別々の抗がん剤を順番に使い、今回の薬が6種類目。その初めての治療だった。「今度は自分に合った薬に出会えるかな」。病室のリクライニングチェアに寄りかかり、点滴を受けながら、眠りについた。だが、帰宅の2日後から食欲が落ち、38度を超える熱が出た。これまで使った薬でも同じような副作用の症状が起きることはあった。いつもは病院から出された薬を使えば、だいたいおさまる。「今回も数日繰り返すのかな」といった程度に考えていた。数日すると、口内炎ができはじめた。処方されていた塗り薬をつけ、痛みを我慢しながら、食べやすい雑炊を作って食べた。だが良くならず、唇の裏側、舌の付け根や横側が腫れた。疲れたときなどに起こる口内炎と違って広範囲で、舌を動かすだけで激痛が走るようになった。ゼリー状の栄養補給食品を口をすぼめて吸い込むことすら、痛みがこわくてできない。手で押し出して器に出してから、スプーンですくって一口ずつ食べた。痛みはどんどん強まり、唾液すら飲み込めなくなった。口にたまった唾液をティッシュで吸い取っては、外に出す。そんなことを繰り返した。痛みがひどく、十分に食事もとれなかった。「口を開けると、のどの奥のほうまで口の内側が突っ張るような感じでした」。点滴から6日後、翌日の通院を控え、実家に来てくれた長女(28)に、女性の夫(60)は告げた。「全然食べられないし、しゃべることもできないぞ」。口の中の痛みで女性は会話もままならない状態だった。何より、体力が落ち、起き上がることも難しくなっていた。5月13日 朝日新聞 患者を活きる がんと口内炎より

prev がん患者の会 若者つなぎ10年
がん患者の会 若者つなぎ10年
歯科で処置 舌が動くように next
歯科で処置 舌が動くように

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

激痛 唾液も飲み込めず

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

激痛 唾液も飲み込めず
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.