アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2020年2月20日 (木)

    カテゴリ:

    差別防止など課題

    究極の個人情報とされる遺伝情報を扱うゲノム医療。遺伝性の病気だとわかった人が、差別を受けることが心配されている。米国では08年、遺伝情報を理由に医療保険の加入や就職などの際、ほかの人と違う扱いをすることを禁じる法律が成立。フランスやカナダでは法で、検査結果の使い道を研究や診療に限定する。日本にはこうした法規制がない。がんの患者団体でつくる全国がん患者団体連合会などは「保険加入や就職時に不利益を受けないよう、患者を守る法律を作ってほしい」と訴えている。近年は、どの薬が効くかを調べる検査を受け、「遺伝性腫瘍」が思いがけずわかるケースも増加。遺伝性腫瘍の中には、有効な予防策や治療法がないものがある。遺伝子変異があっても全員ががんになるわけではなく、何歳でがんになるかもわからない。適切に情報を伝える体制が求められる。知りたくなかったという人もいるため、「知らないでいる権利の担保も重要」と専門家は指摘する。
    2月2日 朝日新聞 プレミアムAより

prev 「今は・・・」切らないという選択
「今は・・・」切らないという選択
独身で在宅ケア 治療と親の介護 どう両立 next
独身で在宅ケア 治療と親の介護 どう両立

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

差別防止など課題

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

差別防止など課題
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.