アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

その他-9ページ目

  • 国際小児がんデー啓発キャンペーン

    2019年1月28日

    カテゴリ:

    国際小児がんデー啓発キャンペーン

    2019年1月28日

    2月16日の国際小児がんデーに合わせて、がんの子供を守る会が2,3月に啓発キャンペーンをする。2月14~16日に東京都文京区の文京シビックセンターで、小児がんに関する絵本の展示やがんの子どもたちの絵画展を開催。各地の小児がん拠点病院や公共機…

    »続きを読む
  • 治療と両立できる働き方認めて

    2019年1月27日

    カテゴリ:

    治療と両立できる働き方認めて

    2019年1月27日

    乳がんを患った経験を背景に、がん患者の就労や経済的な問題について相談に応じる団体を運営している、特定社会保険労務士の近藤明美さん(48)に、がん患者の就労支援について聞きました。出版者で総務の仕事をしていた2004年に、検診で乳がんが分かり…

    »続きを読む
  • がんと母の死が導く

    2019年1月18日

    カテゴリ:

    がんと母の死が導く

    2019年1月18日

    2年の研修期間も残りわずかの2008年2月、首に違和感があり、軽い気持ちで診察を受けた。「悪性リンパ腫だよ」。知人の担当医に告げられた。何でおれが?うそだろう?放置すれば余命は半年。説明されなくても、医師の卵だからわかった。「死」が現実味を…

    »続きを読む
  • 患者が望む医師との理想的関係は?

    2019年1月18日

    カテゴリ:

    患者が望む医師との理想的関係は?

    2019年1月18日

    国立がんセンター東病院臨床開発センター(千葉県)の内冨庸介・精神腫瘍学開発部長に、患者としてどう望めばいいか聞いた。 東病院では、がんの告知後の患者の心のケアに当たっている。外来患者530人に、患者が望む医師とのコミュニケーションを調査した…

    »続きを読む
  • がん診断 4割が75歳以上 男性は胃 女性は乳房 最多

    2019年1月17日

    カテゴリ:

    がん診断 4割が75歳以上 男性は胃 女性は乳房 最多

    2019年1月17日

    厚生労働省は17日付けで、2016年に全国で新たにがんと診断された患者は延べ約99万5千人と発表した。全国の医療機関に情報提供を義務付ける全国がん登録に基づく、初の全数調査。「詳細な分析ができるようになる。がん対策に生かしたい」と厚労省の担…

    »続きを読む
  • インターフェロン

    2019年1月15日

    カテゴリ:

    インターフェロン

    2019年1月15日

    私たち人間がウイルスに感染した際に、自ら作り出すたんぱく質の一つがインターフェロンです。免疫力を高めたり、腫瘍が大きくなるのを抑えたりする作用を持っています。インターフェロンは1954年に日本人が発見した物質です。この素晴らしい作用を人類の…

    »続きを読む
  • 定期検診による早期発見

    2019年1月14日

    カテゴリ:

    定期検診による早期発見

    2019年1月14日

    がん検診技術は年々高度化しており、早期がんの発見率は飛躍的に伸びている。同時に、手術療法や放射線療法、化学療法の発達に伴い、がんによる死亡率も低下している。特に胃がん、肺がん、乳がん、子宮頸がん、大腸がんの5種は特定の検診で早期発見して直ち…

    »続きを読む
  • 扁平苔癬

    2019年1月14日

    カテゴリ:

    扁平苔癬

    2019年1月14日

    久留米大で治療を受けた口腔がんの方について、C型肝炎ウイルスの感染状況を調べてみると、4人に1人が感染していました。この感染率は食道がん、胃がん、大腸がんの方と比べても高く、全国調査でも証明されました。また、口の中にがんができる方の中には、…

    »続きを読む
  • 口の中のがん

    2019年1月13日

    カテゴリ:

    口の中のがん

    2019年1月13日

    口の中にも、がんができることがあります。もっとも多く見られる部位は舌がんですが、歯をささえている歯茎や、ほおの内側の部分、そして口の底の部分にもみられることがあります。口の中にがんができる頻度は、胃がんや肝臓がんに比べ、はるかに低い割合です…

    »続きを読む
  • 「生存率」 賢い使い方

    2019年1月13日

    カテゴリ:

    「生存率」 賢い使い方

    2019年1月13日

    患者はデータをどう活用すればいいのだろう。群馬県立がんセンターの猿木さんは「全がん協のデータを、主治医と治療方法などを話し合う材料に」と提案する。病期の割合が、自分の受診する病院と似ているデータを示し、「これに比べてここはどうですか」などと…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間:9時~18時(定休日:日曜・祝祭日)

国際小児がんデー啓発キャンペーン

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

国際小児がんデー啓発キャンペーン
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2021 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.