アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年1月31日 (木)

    カテゴリ:

    がん研究優秀賞九大院生ら3人

    若手研究者による優れたがん研究を支援する「がん研究助成金」の贈呈式(県すこやか健康事業団主催)が22日、福岡市中央区のホテルであった。優秀賞には、九州大学病院遺伝子細胞療法部の山内拓司助教、同大大学院医学研究院生の岩崎健さん、同大大学院薬学研究院の杉本のぞみ助教が選ばれ、それぞれ研究助成金50万円が贈られた。県内と韓国から計38件の応募があった。優秀賞のほか入賞9件、奨励賞4件も選ばれ、30万~10万円が贈られた。山内さんは受賞者講演で、「クリスパー・キャス9」と呼ばれる新技術を用いた遺伝子治療の可能性を解説。研究者や医療従事者、がん征圧に取り組むNPO法人関係者ら約50人が聴き入った。贈呈式で、審査委員長の桑野信彦・九州大学名誉教授は基礎研究の重要性を説き、「若い世代の研究者が少なくなっている。がん治療は世界に情報があふれているが、正しい情報を判断し、九州で成果を上げてほしい」と話した。1月24日 朝日新聞

prev がん征圧ポスターデザイン募集
がん征圧ポスターデザイン募集
遺伝性乳がん 待望の新薬 next
遺伝性乳がん 待望の新薬

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

がん研究優秀賞九大院生ら3人

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

がん研究優秀賞九大院生ら3人
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.