アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年4月25日 (木)

    カテゴリ:

    闘病等トーク 笑顔もシェア 2

    この日は、自身や親ががん経験者の小中高生ら9人が参加し、テーブルを囲んだ。中には母親から勧められ、岐阜県から初めて参加した子も。その周りで、同クリニックの赤羽和久院長(48)や団体の顧問を務める国立がん研究センター名誉総長の堀田知光医師(74)、がん患者、経験者らが見守る。「会の運営も、進行も、内容も、すべて子どもたちに任せています。私たちはそばにいて、必要だったら少し手助けするだけ」と堀田医師は言う。がんクイズの後は「がん検診の受診率を上げるためにはどうすればいいか」を話し合った。「経験した人が、必要性を伝えていくのがいい」「学校でがんについて調べる機会があれば関心が広がりそう」「DVDとかクイズで関心を持ってもらうのもいいね」。お菓子を食べたりお茶を飲んだりしながら、気軽に話し合うのが「どあらっこ」流だ。続く質問タイム。母親が乳がん経験者の高校2年生、相馬まつりさん(16)が手を挙げ、こう尋ねた。「お母さんが抗がん剤治療をしている時に『何をたべてもおいしくない』って言ったんですが、なんでですか?」赤羽院長が答える。「おそらく使う薬や人によって違うんだけど・・・。副作用は出ても、戻るよ」。堀田医師も「うん、時間はかかっても味覚異常は治るね」と続けた。そして話題は、入院中大変だったことに。中村さんが「看護師さんによって、注射のうまい下手があるんですよ」と冗談まじりに言うと、みんな大笑い。小児がん経験者の高校1年兼松松稜さん(15)も「そうそう」とうなずいた。すかさず赤羽院長が「そこに看護師さんが座っているから、どんどん言って言って!」と差し向けると、どっと沸いた。4月21日 朝日新聞 いま子どもたちは より

prev 闘病トーク 笑顔もシェア 
闘病トーク 笑顔もシェア 
闘病トーク 笑顔もシェア 3 next
闘病トーク 笑顔もシェア 3

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

闘病等トーク 笑顔もシェア 2

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

闘病等トーク 笑顔もシェア 2
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.