アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

  • 2019年6月8日 (土)

    カテゴリ:

    日常的な手伝い 家族の支えに

    周囲との対応につらさを感じているのは、本人だけではない。患者を支える家族もまた、不安とストレスを抱えて過ごしている。07年に「家族外来」を開設した埼玉医大国際医療センターには、これまでに約180人の患者家族が受診した。50~60代が多く、6割以上が患者の配偶者という。「家族は第二の患者」と話す大西秀樹教授(精神腫瘍科)によると、初診時にうつ秒の症状があった人は14%。食欲がなくなり栄養失調になる人もいるという。家族は「どう患者に声をかけていいか分からない」「今後どんな症状が出るのか」と不安を訴える。患者から「誰にも言わないで」と言われ、悩みを抱え込む家族も多い。同大の石田真弓准教授は「家族の話を徹底して聞くことが大切」と強調。時期によって援助の質も変わってくるため、継続的な援助が重要という。そのうえで「相手が望むことのなかで、自分にできることをすればいい」と助言する。病院への送り迎えなど日常の延長で、できることがたくさんあるとしている。遺族へのケアも続ける石田さんが630人の遺族にアンケートした結果によると、周囲からの声かけの8割が有害だったという。「(配偶者に対し)あなたの食事の作り方が悪かったのではないか」とか「気がつかなかったの?」など興味本位の詮索をして傷つけることもある。5月25日 朝日新聞 がん新時代より

prev 不安な気持ち まず受け止めて
不安な気持ち まず受け止めて
病状の伝え方にガイドライン next
病状の伝え方にガイドライン

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

日常的な手伝い 家族の支えに

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

日常的な手伝い 家族の支えに
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.