アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

未分類

  • 緩和ケア

    2020年11月26日

    カテゴリ:

    緩和ケア

    2020年11月26日

    がんなどの生命を脅かす病に直面している患者とその家族に寄り添い、体の痛みだけでなく精神的な苦しみを和らげるためのケア。2007年に始まった国のがん対策推進基本計画に「治療の初期段階からの推進」が盛り込まれ、ケアの提供体制が整えられてきた。N…

    »続きを読む
  • 本当のこと 子どもにもちゃんと伝え共有

    2020年11月24日

    カテゴリ:

    本当のこと 子どもにもちゃんと伝え共有

    2020年11月24日

    長女は最初、「死んでほしくない」と言いましたが、しばらくすると「死ぬまでにまた温泉に行こう」と。長女が頼もしくなりました。クリニックは在宅ホスピスですが、僕のみとりは「絶対に在宅」とこだわってはいません。プライバシーが守られる自宅、医療者が…

    »続きを読む
  • 神戸の在宅ホスピス院長・関本剛さん 肺がんで余命診断

    2020年11月23日

    カテゴリ:

    神戸の在宅ホスピス院長・関本剛さん 肺がんで余命診断

    2020年11月23日

    気持ちのこもった「がんばれ」はうれしいけれど、僕に伝わらない励ましもありました。心がこもっているかどうか、患者はわかるのです。ここで問われているのは、日ごろの人間関係です。患者と医師、友人同士でも、よく話を聞いて共感を見つけること。すると、…

    »続きを読む
  • 緩和ケア医「僕もあと2年なんです」

    2020年11月18日

    カテゴリ:

    緩和ケア医「僕もあと2年なんです」

    2020年11月18日

    神戸市灘区の在宅ホスピス「関本クリニック」院長で医師の関本剛さん(44)は昨秋、肺がんとわかりました。「残りの人生は2年」との診断でした。およそ1千人のがん患者の体と心の痛みに寄り添ってきた緩和ケア医として、また患者として、がんとの向き合い…

    »続きを読む
  • 患者同士つながり

    2020年2月17日

    カテゴリ:

    患者同士つながり

    2020年2月17日

    岡山大学病院で開かれる月例会には、京都市の小学校教頭、西田久美子さん(51)も参加する。乳がんがきっかけで18年にHBOCとわかった。翌年、乳房と卵管・卵巣の予防切除を受けた。とにかくがんが怖くて仕方なかった。もし自分が死んだら小学生から大…

    »続きを読む
  • 「おかえり」顧客と号泣

    2020年2月13日

    カテゴリ:

    「おかえり」顧客と号泣

    2020年2月13日

    乳がんの手術後、抗がん剤治療を受けた名古屋市の銀行員の女性(47)は2019年2月、10カ月ぶりに仕事に復帰した。副作用によるむくみがよくならず、勤務への配慮を求める意見書を主治医に書いてもらった。特定の遺伝子変異があるがんに使える「分子標…

    »続きを読む
  • 検診、とりあえず受けてみて

    2019年7月25日

    カテゴリ:

    検診、とりあえず受けてみて

    2019年7月25日

    がんで年に34万人の人が亡くなっていますが、これは交通事故の約60年分にあたります。国民の3人に1人はがんで死亡しています。がんになっても助かる人もいますが、男性では大体、一生のうち2人に1人ががんになり、女性は3人に1人がなります。乳がん…

    »続きを読む
  • 「広めたい、たばこ規制」

    2019年7月25日

    カテゴリ:

    「広めたい、たばこ規制」

    2019年7月25日

    神奈川県は3月、全国初となる受動喫煙防止条例を成立させました。がんや脳血管疾患、肺疾患などにも大きな影響を与える受動喫煙を防止するための新たなルールです。がん予防で、最も注目すべきたばこ対策。はばこを吸わない人にとって、隣の人に勝手にたばこ…

    »続きを読む
  • がん患者の悩み

    2019年7月25日

    カテゴリ:

    がん患者の悩み

    2019年7月25日

    多くのがん患者さんに悩みを聞くと、半数近い方が不安などの心の問題を抱えているという報告があります。具体的には再発や転移の不安が代表的。悩みにどう対処するか、これまで私が話をうかがった患者さんが、いろいろな知恵をくださっています。患者会に参加…

    »続きを読む
  • ふつうに接するのも大切

    2019年7月25日

    カテゴリ:

    ふつうに接するのも大切

    2019年7月25日

    がんと診断されると、患者さんは頭が真っ白になってしまったり、病気を認めたくなかったりするなど、強い気持ちの動きを経験します。1~2週間すると、これからどうなるのかといった不安や落ち込み、また食欲が落ちたり眠れなくなったりなどの症状が出やすく…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

緩和ケア

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

緩和ケア
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.