アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

未分類

  • 我慢 生きるためならできる

    2021年2月6日

    カテゴリ:

    我慢 生きるためならできる

    2021年2月6日

    インタビュー1 関直行さん 43歳。2013年、膵臓がんステージ4Aと診断される。17年に再発し、抗がん剤治療中。子どもがいるがん患者に交流の場を提供する「キャンサーペアレンツ」の会員として活動している。昨年4月に緊急事態宣言が出た時は新型…

    »続きを読む
  • 蚊の嗅覚の仕組みで肝臓がんを感知

    2021年1月27日

    カテゴリ:

    蚊の嗅覚の仕組みで肝臓がんを感知

    2021年1月27日

    蚊がにおいを感知する仕組みを人工的に再現したセンサーを開発し、肝臓がんの患者の呼気に含まれる物質を高い感度で検知することに成功したと東京大などのチームが発表した。ほかの昆虫の嗅覚を再現すれば、べつのがんや爆発物の検知などもできる可能性がある…

    »続きを読む
  • 自分が変われたことも「足し算の縁」

    2021年1月27日

    カテゴリ:

    自分が変われたことも「足し算の縁」

    2021年1月27日

    <フリーアナウンサー・笠井信輔さん 悪性リンパ腫を経験> ご家族との関係も変わったとか。ずっと仕事ばかりで評判が悪い父親でした。社会人から高校生まで3人の息子がいますが、関りは薄かった。家で一番いばっていたその自分が一番の弱者になった。すが…

    »続きを読む
  • SNSでの交流に励まされ

    2021年1月23日

    カテゴリ:

    SNSでの交流に励まされ

    2021年1月23日

    テレビ局を退社してフリーに転身した一昨年秋、血液のがん・悪性リンパ腫のステージ4と告げられたアナウンサーの笠井信輔さん(57)。新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄されながらも、治療が順調に進み、現在は仕事を再開しています。がんを経験し「足し…

    »続きを読む
  • ゲノム医療 治験に参加

    2020年12月22日

    カテゴリ:

    ゲノム医療 治験に参加

    2020年12月22日

    全国の緊急事態宣言の期間延長が決まった5月上旬、がんゲノム医療の検査を受けた奈良県に住む肺がん治療中の男性医師(67)のもとに、近畿大学病院ゲノム医療センター(大阪府大阪狭山市)の武田真幸医師(44)から思いがけない電話がかかってきた。「米…

    »続きを読む
  • ゲノム検査に望みかけ

    2020年12月19日

    カテゴリ:

    ゲノム検査に望みかけ

    2020年12月19日

    奈良県に住む呼吸器内科医の男性(67)は、昨年4月に肺がんの再発が発覚後も、治療を続けながら感染対策をして医院での診療を続けていた。再発後は、免疫チェックポイント阻害剤を含め、3パターンの抗がん剤治療を続けた。1年前よりも体重は15キロ減っ…

    »続きを読む
  • 防護徹底し診療続ける

    2020年12月17日

    カテゴリ:

    防護徹底し診療続ける

    2020年12月17日

    キャップをかぶり短髪の頭を保護する。サジカルマスクをし、フェースシールドをつける。患者に触れる時は手袋も着用する。新型コロナウイルスの感染が拡大した今年4月以降、奈良県の呼吸器内科医の男性(67)は、このスタイルで診療を続けている。徹底した…

    »続きを読む
  • 働く患者向け 診療時間を延長

    2020年12月14日

    カテゴリ:

    働く患者向け 診療時間を延長

    2020年12月14日

    放射線治療は、1~2カ月ほど平日に毎日通院し、外来で治療することが多い。日本放射線腫瘍学会の調査によると、収入の保障に乏しい自営業者らの前立腺がんの場合、手術を受けるよりも収入減が少ない。早期の前立腺がんは、手術と放射線で生存率が変わらない…

    »続きを読む
  • アダプティブ照射

    2020年12月12日

    カテゴリ:

    アダプティブ照射

    2020年12月12日

    正常組織に放射線があたると、数十年後に「二次がん」を起こす恐れもある。X線による治療も「強度変調法」という照射部位の強弱を付けて、がん組織だけに照射する技術が確立してきた。リアルタイムに画像を見て、照射のわずかなずれを修正する「アダプティブ…

    »続きを読む
  • 陽子線 正常組織守りつつ集中攻撃

    2020年12月11日

    カテゴリ:

    陽子線 正常組織守りつつ集中攻撃

    2020年12月11日

    約1カ月半、平日は毎日照射した。動かないように昼寝のタイミングを合わせるのが大変だったが、2歳になる前に退院できた。再発はなく、体格も標準だ。外から放射線をあてるがん治療は「X線」と、陽子線や重粒子線を使う「粒子線」に分けられる。①完全に治…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

我慢 生きるためならできる

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

我慢 生きるためならできる
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2020 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.