アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

その他

  • 臨床研究

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    臨床研究

    2019年4月5日

    「臨床研究」とは、病気の予防法、診断法、治療法について、人を対象に研究をすることだ。その一つが臨床試験で、薬の安全性や有効性、副作用などを評価するためにデータを集める。特に、新薬や既存薬の新たな効用について厚生労働省から承認を得るための試験…

    »続きを読む
  • 相談窓口の充実が課題

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    相談窓口の充実が課題

    2019年4月5日

    がん患者の利用が増えている鶴巻訪問看護ステーション(神奈川県秦野市)の和田洋子さんも「がんの痛みが強い人でも訪問介護などを利用すると自宅で暮らせる。自宅に帰ると力がわいて気分もよくなる人も多い」と指摘する。がん患者が在宅ケアを相談したい場合…

    »続きを読む
  • 早めの準備が必要

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    早めの準備が必要

    2019年4月5日

    「介護保険は活用できるのに使いこなされていません。介護を手厚くすれば、家にいられるがん患者が多いのに」。日本訪問看護振興財団の事業部長でがん看護専門看護師の角田直枝さんはこう話す。普通の介護保険の利用者というと65歳以上の人だが、2006年…

    »続きを読む
  • 介護保険 末期で40歳から

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    介護保険 末期で40歳から

    2019年4月5日

    Aさんは「看護師さんと話すことで安心できます。がんの治療上の不安があるときも、話相手になってくれて助かります」という。直腸がん患者で、8月に都内の自宅で亡くなった50代の主婦Bさんの場合は、対応にばたばたと追われた。四十九日を終えて少し心の…

    »続きを読む
  • がん患者の在宅療養

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    がん患者の在宅療養

    2019年4月5日

    さわやかな秋晴れの朝、東京都北区に住む60代の主婦Aさん宅を看護師の滝井望さん(37)が訪れた。Aさんは4年前、大腸がんの手術を受けた。その後、肝臓に転移が見つかり、病院に通って抗がん剤治療を受けている。副作用が苦しい。吐き気や下痢。食欲が…

    »続きを読む
  • 生きる希望 がん患者に

    2019年3月18日

    カテゴリ:

    生きる希望 がん患者に

    2019年3月18日

    がん患者や支援者たちが24時間たすきをつないで歩き、境遇を語り、励まし合うイベント「リレー・フォー・ライフ」が3、4日に、福岡市東区海の中道海浜公園・光と風の広場(1周400m)である。すでに320人以上が参加を申し込んでいるが、患者で実行…

    »続きを読む
  • 医師らに働きかけ、記録充実

    2019年3月18日

    カテゴリ:

    医師らに働きかけ、記録充実

    2019年3月18日

    「地域における疾病の調査や当院の治療の妥当性などについて、院内の第三者が科学的根拠をもとにチェックでき、結果として精度の高い記録として集積することもできます。これは病院の財産になります」と小島靖彦病院長は言う。情報登録は患者の退院後から始ま…

    »続きを読む
  • カルテの記入漏れ・誤記を点検

    2019年3月18日

    カテゴリ:

    カルテの記入漏れ・誤記を点検

    2019年3月18日

    かつて、診療時のカルテは医師の備忘録として用いられ、治療が終われば束ねて保管されるだけだった。、近年、カルテ開示が始まったことから診療録が見直され、さらに、電子カルテの導入に伴い、病院の診療情報(カルテ、薬の処方箋、検査数値など)はデータベ…

    »続きを読む
  • ブラシより綿棒が

    2019年3月18日

    カテゴリ:

    ブラシより綿棒が

    2019年3月18日

    新潟県新発田市の検査機関、下越総合健康開発センターの細胞検査士、赤松節さんは「綿棒を用いた検診は要注意だ」と指摘する。赤松さんは2005年、6年にかけて新潟県内で行われた検診で、液状検体法という方式で作られた約5万点の検体について、調べた。…

    »続きを読む
  • 生かしてもらった者の恩返し

    2019年3月16日

    カテゴリ:

    生かしてもらった者の恩返し

    2019年3月16日

    今の病院で新人産科医として働き始めたのは、今年4月。合併症と闘う母親がいて、双子以上の多胎妊娠もある。絶え絶えの息で「赤ちゃんは大丈夫ですか?」と何度も尋ねられる。危険な状態で意識を失った妊婦とは手術室で向き合う。リスクの高いお産を専門に扱…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

臨床研究

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

臨床研究
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.