アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ブログ記事一覧-4ページ目

  • がん患者の在宅療養

    2019年4月13日

    カテゴリ:

    がん患者の在宅療養

    2019年4月13日

    さわやかな秋晴れの朝、東京都北区に住む60代の主婦Aさん宅を看護師の滝井望さん(37)が訪れた。Aさんは4年前、大腸がんの手術を受けた。その後、肝臓に転移が見つかり、病院に通って抗がん剤治療を受けている。副作用が苦しい。吐き気や下痢。食欲が…

    »続きを読む
  • 貸し切り湯船で笑顔の花

    2019年4月13日

    カテゴリ:

    貸し切り湯船で笑顔の花

    2019年4月13日

    大浴場ではリラックスしていた参加者だが、入浴前の講演会では、少しでも情報を得ようと、国立病院機構長崎医療センターの前田茂人外科医長の話を真剣に聞いていた。承認されたばかりの治療薬の服用方法や効果、乳がんの手術をした人になりやすいリンパ浮腫を…

    »続きを読む
  • 同じ悩み、ゆったり話し合う

    2019年4月13日

    カテゴリ:

    同じ悩み、ゆったり話し合う

    2019年4月13日

    佐賀県吉野ヶ里町から参加した女性(45)は2007年6月、テレビ番組の乳がん特集を見て、自分の左胸の腫瘍に気付いた。「肉まんの中に、梅ぼしの種があるような感触」だった。治療を受けたことで、腕の血管がつぶれ、20センチほどにわたり切り傷のよう…

    »続きを読む
  • 乳がん患者 温泉に行く

    2019年4月13日

    カテゴリ:

    乳がん患者 温泉に行く

    2019年4月13日

    湯船に体を滑り込ませた女性たちは「普段もこんな風に堂々と入れればいいのにね」と幸せそうにつぶやいた。参加者の半数以上は腫瘍と一緒に乳房を切除している。乳房の形をできるだけ残す温存療法を選択した人も、やはり傷跡がある。「私は大浴場ではいつも娘…

    »続きを読む
  • 臨床研究

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    臨床研究

    2019年4月5日

    「臨床研究」とは、病気の予防法、診断法、治療法について、人を対象に研究をすることだ。その一つが臨床試験で、薬の安全性や有効性、副作用などを評価するためにデータを集める。特に、新薬や既存薬の新たな効用について厚生労働省から承認を得るための試験…

    »続きを読む
  • 相談窓口の充実が課題

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    相談窓口の充実が課題

    2019年4月5日

    がん患者の利用が増えている鶴巻訪問看護ステーション(神奈川県秦野市)の和田洋子さんも「がんの痛みが強い人でも訪問介護などを利用すると自宅で暮らせる。自宅に帰ると力がわいて気分もよくなる人も多い」と指摘する。がん患者が在宅ケアを相談したい場合…

    »続きを読む
  • 早めの準備が必要

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    早めの準備が必要

    2019年4月5日

    「介護保険は活用できるのに使いこなされていません。介護を手厚くすれば、家にいられるがん患者が多いのに」。日本訪問看護振興財団の事業部長でがん看護専門看護師の角田直枝さんはこう話す。普通の介護保険の利用者というと65歳以上の人だが、2006年…

    »続きを読む
  • 介護保険 末期で40歳から

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    介護保険 末期で40歳から

    2019年4月5日

    Aさんは「看護師さんと話すことで安心できます。がんの治療上の不安があるときも、話相手になってくれて助かります」という。直腸がん患者で、8月に都内の自宅で亡くなった50代の主婦Bさんの場合は、対応にばたばたと追われた。四十九日を終えて少し心の…

    »続きを読む
  • がん患者の在宅療養

    2019年4月5日

    カテゴリ:

    がん患者の在宅療養

    2019年4月5日

    さわやかな秋晴れの朝、東京都北区に住む60代の主婦Aさん宅を看護師の滝井望さん(37)が訪れた。Aさんは4年前、大腸がんの手術を受けた。その後、肝臓に転移が見つかり、病院に通って抗がん剤治療を受けている。副作用が苦しい。吐き気や下痢。食欲が…

    »続きを読む
  • 肝がん、移植の垣根低く

    2019年4月3日

    カテゴリ:

    肝がん、移植の垣根低く

    2019年4月3日

    「移植を受けたことで、それまで沈みがちだった気持ちも前向きになった」 2年前に生体肝移植を受けた滋賀県の女性(60)はこう話し、11月に迫った娘(31)の出産を楽しみにしている。女性は2007年8月、京都大学病院で娘から肝臓の提供を受けた。…

    »続きを読む

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問い合わせは、お気軽にこちらまでどうぞ

資料請求・その他お問合せは下記フリーダイヤルへ

0120-888-685

受付時間 09:00~18:00(定休日・日曜・祝祭日)

がん患者の在宅療養

アフラックのがん保険・医療保険の資料請求は

ライフ・ケア有限会社

〒815-0042
福岡市南区若久4丁目24-18 電話092-405-1301 FAX092-405-1302 Eメール ehoken@juno.ocn.ne.jp(Eメールは24時間受付)

がん患者の在宅療養
メールでのお問い合わせはこちら
メールでのお問い合わせはこちら 0120-888-685
メールでのお問い合わせはこちら
PAGETOPPAGETOPPAGETOP

Copyright 2018 ライフ・ケア有限会社 All right reserved.